青汁が便秘にいいといわれる訳

aosiru3_s

青汁といえばこれまでは苦くて健康に良いものというイメージが強いものでしたが、現在ではいろんな研究もおこなわれて誰でもおいしく飲める青汁が流通するようになりました。そんな青汁が実は便秘にいいといわれていることをご存知でしょうか。便秘は慢性化すると乳がんや腸閉塞といった重い病気にもつながることが多いことから、けして軽視してはならない存在です。ほかにも老廃物が排出していないことで体調不良や肥満になりやすいといった点から便秘に特になりやすい女性は注意したいものでしょう。そんな便秘は食生活の乱れや睡眠不足・ストレスなどが原因でなるといわれており、青汁はこの中で食生活の乱れの改善に大いに役立ちます。

食生活の乱れは特に現代人の多くがなりがちである野菜不足がまず第一の理由として挙げられます。野菜不足が続いてしまうと腸内にある善玉菌が減少して悪玉菌が増加してしまいます。これにより腸内環境の悪化から腸の働きが悪くなってしまい、便秘につながってしまうということです。このような健康の面のことからも厚生労働省から1日の野菜の摂取量は約350gが推奨とされています。しかしほとんどの年代でこの推奨摂取量はクリアされておらず、野菜不足の人がいかに多いかがお分かりになるかと思います。日本の食卓が一汁三菜の和食から欧米化によって野菜不足になりがちになり、普段の食事に不足分の野菜を補うことは容易ではありません。

そのため便秘解消にも良いとされる食物繊維も豊富に含まれている野菜の栄養が詰まった青汁は手軽に健康を保つためにはもってこいということです。また、私たちが体内で生産できない栄養素であるビタミン類やミネラルも多く含んでることからも青汁は健康な生活を過ごすために愛飲している人が徐々に増えています。しかし中には不溶性食物繊維の摂り過ぎで青汁を飲んで逆に便秘になってしまったというケースもあります。そのため青汁を飲んで便秘解消を考えている人は水溶性・不溶性2つの食物繊維のバランスを考えて食事をするよう注意しましょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>